読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘備録

日々の調べ物をまとめる。アウトプットする。基本自分用。

【CentOS6】ログファイルについて調べてみた

本気でサーバを勉強し始めたので、ログについて学ぶことにしました。

rsyslogについて

CentOS6ではrsyslogdというデーモンによって大概のログファイルが管理されています。

設定ファイルは /etc/rsyslog.conf にあり、この設定を変更することでログの主力先やログレベルなどを変更することができます。

この記事に書いてあることは、rsyslog.confがデフォルトの場合のお話であります。

/var/log/ 以下にあるファイル

rsyslogdはデフォルトの設定で /var/log/ 配下にログを吐きます。

また、rsyslogdを使わずに独自にログを吐き出すパッケージも大概このディレクト配下にログを吐くようになっていると思います。

audit/audit.log

カーネルに対して発行されるシステム・コールのすべてを監視するauditdのログ。
SELinuxポリシーに対する違反などを記録している。

anaconda.~

  • anaconda.ifcfg.log
  • anaconda.log
  • anaconda.program.log
  • anaconda.storage.log
  • anaconda.syslog
  • anaconda.xlog
  • anaconda.yum.log

RHELFedoraインストーラであるanacodaのログファイルたち。

ちなみに、インストールに関するログは上記のほかに、/root/install.log や /root/install.log.syslog がある。

/root/install.log

インストールされたソフトウェア・パッケージのリストが含まれる。

/root/install.log.syslog

インストールで生成されたsyslogメッセージが含まれる。

boot.log

サービスの起動/停止に関するログ。

btmp

ログイン(失敗)に関するログ。
バイナリ。
lastbコマンドを利用してみることができる。

clamav/clamd.log

clamavのウィルススキャン実行ログ。

ちなみにclamavディレクト及びその配下にあるファイルは、clamavによって管理されているので、インストールしていなかったり、clamavの設定次第では存在しないはずです。

clamav/freshclam.log

clamavのデータベース更新ログ。

cron

cronの実行ログ。

cron-yyyymmdd

ローテートされたcron。

dmesg

システム起動時からファイルシステムがマウントされる時点までの間にカーネルが出力したメッセージが記録されているファイル。

dmesg.old

ローテートされたdmesg。

dracut.log

initrdを作成するためのツールdracutのログ。

lastlog

ユーザごとの最後のログイン情報を記録している。
バイナリファイル。
lastlogコマンドで見ることができる。

maillog

メールサブシステムのログ。

maillog-yyyymmdd

ローテートされたmessagesログ。

messages

システムの汎用ログ。

messages-yyyymmdd

ローテートされたmeesagesログ。

secure

認証関連のログ。

secure-20160222

ローテートされたsecureログ。

spooler

uucp と news の crit 以上 が出力されるログ。

spooler-20160222

ローテートされたspooler。

tallylog

ユーザーごとのログイン失敗回数を記録する。

wtmp

ログインに関するログ。
バイナリ。
lastコマンドもしくはwhoコマンドでみる事ができる。

yum.log

yumによるパッケージ操作のログ。

参考

Audit について学んでみる - いますぐ実践! Linuxシステム管理 / Vol.222

Linux auditdでアクセス拒否されたファイルを探し出す|Engineering のまにまに

rsyslogd (syslogd) 設定

Linux、「/var/log/btmp」とはなんぞや?|マコトのおもちゃ箱 ~ぼへぼへ自営業者の技術メモ~

必読!ログファイルとディレクトリ | Think IT(シンクイット)

Anaconda/Logging - FedoraProject

2.3 インストール・ログ

initrd - Wikipedia