読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘備録

日々の調べ物をまとめる。アウトプットする。基本自分用。

【Python】websocketクライアントの実装

Python

やっつけ。

環境

前提

  • websocket-clientパッケージをインストールしていること

websocket-client 0.35.0 : Python Package Index

Type “python setup.py install” or “pip install websocket-client” to install.

自分はpipでインストールしました。

  • 別途websocketサーバがあること

ソース

wsclient.py

#!/usr/bin/python
# -*- coding: utf-8 -*-

import sys
import websocket
import thread
import time

def on_message(ws, message):
    print "debug: called on_message"
    print message

def on_error(ws, error):
    print "debug: called on_error"
    print error

def on_close(ws):
    print "### closed ###"

def on_open(ws):
    def run(*args):
        print("debug: websocket is opened")

        while(True):
            line = sys.stdin.readline()
            if line != "":
                print "debug: sending value is " + line
                ws.send(line)

    thread.start_new_thread(run, ())


if __name__ == "__main__":

    param = sys.argv

    url = "デフォルトの接続先";

    if len(param) == 2:
        url = param[1]
        print "debug: param[1] is " + param[1]

    websocket.enableTrace(True)
    ws = websocket.WebSocketApp(url,
                              on_message = on_message,
                              on_error = on_error,
                              on_close = on_close)
    ws.on_open = on_open
    ws.run_forever()

使い方

スクリプトとして実行することを想定しています。

接続

ターミナルを開いて上記ファイルを実行

$ ./wsclient.py

接続先に誤りがなければ、以下のようにハンドシェイクのリクエストとレスポンスが帰ってきます。

正常

--- request header ---
GET /hoge HTTP/1.1
Upgrade: websocket
Connection: Upgrade
Host: example.com:443
Origin: http://example.com
Sec-WebSocket-Key: JOtIu/5xaswrI2a5IRh/Wg==
Sec-WebSocket-Version: 13


-----------------------
--- response header ---
HTTP/1.1 101 Switching Protocols
Connection: Upgrade
Sec-WebSocket-Accept: CjFvo17ay0vliMi8Pdgm8Ve7LME=
Upgrade: WebSocket
-----------------------
debug: websocket is opened

接続先に誤りがある場合は以下のようになります。

接続先に誤りがある場合

$ ./wsclient.py ほげ
debug: param[1] is ほげ
debug: called on_error
url is invalid

ちなみにスクリプトの第一引数にURLを渡せるようにしてあります。渡さない場合はソースに直書きしてあるURLをデフォルトの接続先として接続するようになってます。

メッセージ送信

標準入力からメッセージを投げることができます。

適当にタイプして、エンターを叩くとタイプされたテキストをサーバに送信します。

ターミナル

--- response header ---
HTTP/1.1 101 Switching Protocols
Connection: Upgrade
Sec-WebSocket-Accept: CjFvo17ay0vliMi8Pdgm8Ve7LME=
Upgrade: WebSocket
-----------------------
debug: websocket is opened
this is test message
debug: sending value is this is test message

send: '\x81\x95J\x0c5\xad>d\\\xdejeF\x8d>iF\xd9jaP\xde9mR\xc8@'
hoge
debug: sending value is hoge

send: '\x81\x85\x9f"[\xea\xf7M<\x8f\x95'

分かりにくいですが、「this is test message」と「hoge」が入力した文字です。

使い道

あるのかな? 笑

自分はサクッとサーバのレスポンスをテストしたかったので作ってみました。

参考

websocket-client 0.35.0 : Python Package Index

Pythonで学ぶ 基礎からのプログラミング入門 (8) ユーザーからプログラムへの入力をする方法 | マイナビニュース

WebSocket サーバの実装とプロトコル解説 - Block Rockin’ Codes