読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘備録

日々の調べ物をまとめる。アウトプットする。基本自分用。

Oracle11g DBA データベースの構造

Oracle11g

データベースを構成するファイル群について

1.データファイル

表やインデックスのデータが格納される。
表領域と呼ばれる論理構造に1つ以上のデータファイルが格納される。

表領域について

表領域のコンポーネント

  • 表領域
  • セグメント
  • エクステント
  • データブロック

f:id:mktktmr:20151112133535j:plain

事前構成済みの表領域

  • SYSTEM
    データベースの管理情報を含むデータディクショナリを保持する。
    名前はSYSTEMで固定。

  • SYSAUX
    SYSTEMのオプション機能などが使用する補助表領域。
    統計情報とか
    名前はSYSAUXで固定。

  • TEMP
    ソートなどSQLの処理中に生成された一時データを保持する。
    名前は任意だが、1つのDBに最低1つは必要。

  • UNDOTBS
    UNDOデータの保持に利用される。
    名前は任意だが、1つのDBに最低1つは必要。

  • USERS
    ユーザが作成するオブジェクトを格納するための表領域。
    事前構成済データベースでは、USERS表領域がユーザのデフォルト表領域に指定される。

  • EXAMPLE
    サンプルスキーマのデータが格納される。
    データベース作成時に、サンプルスキーマを作成する設定にすると作成される。

2.制御ファイル

データベースファイル群などのパス名など以下の情報が格納される

  • データベース名
  • 対応するデータファイルとREDOログファイルの名前と位置
  • データベース作成のタイムスタンプ
  • 現行のログ順序番号
  • チェックポイント情報

3.REDOログファイル

トランザクションなどのデータに対して行われた変更情報が格納される。

f:id:mktktmr:20151112134225j:plain